新選組 八番隊組長 藤堂平助 終焉の地

元新撰組の篠原泰之進は維新後、以下のように手記に書いたとされる。

──モシ賊ト相戦ハバ、敵ハ多勢、我ハ小勢ナリ。然リト雖モ甲冑ヲ着テ路頭ニ討死セバ後世ソノ怯ヲ笑フ可シ。

その時、藤堂平助はこのように言った。
「俺は新選組には結盟から居たが、七人で四十人にむかって斬り込むなどはかつて無かったな」
もっとも、切り込む相手がその新撰組なわけだが。
すると服部武雄が、
「七人で少なすぎはせぬ。我々の死体をくれてやりにゆくのだ。七つ死体が並んだところで戦さはおわる」
服部は新撰組内でも沖田永倉斎藤の三強に劣らない達人である。

永倉新八は藤堂を逃がそうとしたが、藤堂平助ともあろう者がよほど焦ったのか、後ろから平隊士に斬られて絶命したという。
この時死んだのは皆が一流の剣客であったそうで、彼らより剣力が劣る者は早々に脱出した。強いが故、さっさと逃げる事ができなかったのだろう。

翌日、このあたりに人間の指がパラパラと落ちていたと言う。

墓は京都市東山区 戒光寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です