スマートフォン

中国向けアプリを開発しよう

最近、需要の増大からか中国向けアプリを開発する案件が増えました。
中国向けとはいえiOSはObjective-CやSwift、AndroidならJavaというのは変わりませんので、開発においての問題は翻訳と文字コードくらいなものなのですが、なんと中国にはGoogle先生がいないので、細かいルールがかなり変わります。

中国向けアプリとは

まず中国のストアに出ているアプリを見てみましょう。
iOSであれば、AppleIDの設定で「国または地域名」を変更する事で、中国のストアを見れます。
内容が中国向けアプリでも、日本ストアにも掲載すれば日本でも見る事ができます。

他国のAppStoreを見る

中国でのスマホOSのシェアは?

日本だとみんなiPhoneを使っていますが、海外ではAndroidの方が多い、というのは有名な話かと思います。
実際、iOS/Androidで見るとAndroid 83.1% / iOS 16.9%で確かにAndroidの方が多いのですが、ここにGoogle先生がいないという問題が出てきます。ここは後述。

まずはSNS内アプリを検討

中国はSNS大国です。新規でアプリを作るにしても、SNS事情を把握する必要があります。

中国SNSシェア率(ITmediaマーケティングより引用)

日本だとLINEやFacebookが生活インフラとなりましたが、中国ではSNSといえばWeChat、微博がTOPにおり、少し違う位置にいるのがRED、TikTokになります。ショッピングサイトもメッセンジャーのついた強いサービスがありますが、今日のお話とずれるので省略します。
中国の人は、WeChatや微博の中でほとんどの消費活動を完結する人すらいます。WeChatは12億人を擁する巨大なプラットフォームなので、WeChat内のアプリというのが成立するためです。
これをミニプログラムと呼び、開発元であるTencentへの申請でアプリを公開しますが、当然Tencentの規制を受ける事になります。
中国展開を考える企業はWeChat、微博のアカウント運用を余儀なくされるので、新規のアプリでなくミニプログラムという選択肢も出てきます。
しかしTencentのルール変更でデジタル商品を売れないようになったので、自前のアプリという選択肢も依然としてあります。

オリジナルアプリを中国で公開したい

中国でアプリ運用して収益を得たい場合、業種によって中国の法人でライセンスを取得する必要があります。
また中国は中国サイバーセキュリティ法という法律があるので、日本から中国のストアへ公開する事も、APIを管理するのも難しいでしょう。

公開審査が日本と違う

日本やアメリカでアプリを公開するには開発してApple、Googleへ申請するだけですが、なんと中国にはGoogleがいません。各社で独自のAndroidを展開しているため、各社へ別々に審査に出す必要があります。
また、Androidだと中国でアプリを公開するには国家版権局の承認がいりますが、この審査作業が60日もかかるようです。※短縮で依頼する事もできます。
承認されたアプリは主要なメーカー应用宝、Huawei. 、Xiaomi.、OPPOなどのAndroidストアへ公開する申請するとして、これも1~2週間かかります。

何を売るか

中国で売るものには、ものによっては規制がかかります。
例えば他国のニュースにあたるものは売れません。
またライブ配信によって他国から配信するライブイベントを売る事も難しいです。(内容によってはできなくはないです)
また他国のモバイルゲームなどにも厳しいです。

いくらで売るか

中国で収益を上げた場合、現地の法人の税金もかかりますが物品には関税がかかり、得た収益を日本に送金するにも税金がかかります。売りたい金額にそれらを乗せて値付けする必要があります。

とはいえ中国は14億人

現在では世界2位の経済大国ですし、やはり人口の多さと経済の巨大さにより今後も中国向けアプリの需要は続くものと思われます。
純開発エンジニアとしてはやる事は同じですが、思ったより時間がかかる、日本への送金までにお金がかかる事を意識するのがよろしいでしょう。

梅木千世でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です