Python

【Python】19. format関数

しばらくサボっていたので、久々にPythonをやろうと思います。

出力結果に任意の変数を出すには変数を+で繋げればよいですが、Pythonにはformat関数というエレガントな関数があります。

これは定型の文章の中に、一部波括弧だけで文字列や数値など任意のデータを差し込むことができる関数です。

これにより、文字列内で動的に代わる変数を利用するなどが可能になります。

さて、仙石秀久の属性をformatで出力してみましょう。

import busyou = "仙石 秀久"
kuni = "豊臣"
kanni = "従五位下"

print("{}は{}の{}の武将です。".format(busyou,kuni,kanni))

出力結果
仙石 秀久は豊臣の従五位下の武将です。

変数の順番に沿って波括弧に代入されて出力されました!

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です