授業

セブンヒッツ理論の意味

人は情報に3回接する事によって、その対象を覚え、7回接すると商品を手にとったり購入するという理論。
まずテレビコマーシャルが迷惑がられても無くならない理由ですが、人間選ぶものがたくさんあると、商品名を知っているものから有名な商品だと認識して手に取ります。
これが7回であるという事ですね。

知ってるから買うという事でもないのですが、まず認知してもらう事が重要である場面があります。

Web広告ですと、CPM(コスト・パー・ミル)という料金形態がこの考え方の場合に使用します。

あるいは逆に、広告に接触し過ぎないようにしたり、何回かの接触で見込み無しのユーザーへの配信を制限するフリークエンシーキャップと呼ばれる配信方法が使われます。