ステータスコード

ステータスコード一覧

HTTPプロトコルでは、リクエストに対しWebサーバから返してくるレスポンスを3桁の
コードで表現します。
100~ インフォメーション
200~ 正常
300~ 移転通知、リダイレクト
400~ クライアント側エラー
500~ エラー

この400~と500~が俗にエラーコードと呼ばれます。
200~は正常通りの処理なので基本的にユーザーの目には触れませんが、ログに記録
はできます。
以下の一覧はHTTP 1.1に準拠します。

1xx:Informational

コード 説明
【100】 Continue(サーバがリクエストを受け取り、まだ拒否しておらずアクセスを継続できる)
【101】 Switching Protocols(リクエストを受け取っているが、プロトコルの切り替えを要求している)

2xx:Success

コード 説明
【200】 OK
【201】 Created(作成が完了した)
【202】 Accepted(受理した))
【203】 Non-Authoritative Information(非公式な情報)
【204】 No Content(内容が無いよう)
【205】 Reset Content(内容をリセット)
【206】 Partial Content(内容の一部)

3xx:Redirection

コード 説明
【300】 Multiple Choices(リクエストに対し候補が複数ある)
【301】 Moved Permanently(そのアドレスは恒久的に移転した)
【302】 Moved Temporarilyd(そのアドレスは一時的に移転した)
【303】 See Other(他のページを参照せよ)
【304】 Not Modified(そのページは更新されていない)
【305】 Use Proxy(プロキシ等を通さないとアクセスできない)
【307】 Temporary Redirect(そのアドレスは一時的に転送される)

4xx:Client Error

コード 説明
【400】 Bad Request(不正なリクエスト)
【401】 Unauthorized(認証に失敗)
【402】 Payment Required(有料)
【403】 Forbidden(アクセス権がない)
【404】 Not Found(存在しないか、サーバが落ちている)
【405】 Method Not Allowed(そのメソッドは不可)
【406】 Not Acceptable(受理できない)
【407】 Proxy Authentication Required(プロキシ等の認証が必要)
【408】 Request Time-out(一定時間内に応答が無かった)
【409】 Conflict(リクエストがリソースと矛盾する)
【410】 Gone(利用できず転送先のアドレスも分からない)
【411】 Length Required(コンテンツの長さが指定されていない)
【412】 Precondition Failed(必要な条件が満たされていない)
【413】 Request Entity Too Large(リクエストされたデータが大きすぎる)
【414】 Request-URI Too Large(リクエストされたURIが長すぎる)
【415】 Unsupported Media Type(サポートしていないフォーマットである)

5xx:Server Error

コード 説明
【500】 Internal Server Error(サーバ内部のエラー)
【501】 Not Implemented(その機能はサポートしていない)
【502】 Bad Gateway(プロキシ等のエラー)
【503】 Service Unavailable(サービス停止中)
【504】 Gateway Time-out(プロキシ等が一定時間内にの要求が時間切れ)
【505】 HTTP Version not supported(サポートしていないHTTPバージョン)
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+