Office365

Office365で設定したメールにファイルを添付すると「Win.dat」になり送れない

Office365に加入し、Outlookに設定したメールに添付ファイルをつけて送信すると、添付ファイルが「Win.dat」となってしまい開けなくなる事があります。

基本的にサポートで教えてもらった事そのまんまですが、備忘録として書いておきます。

まずOffice365にその人のアカウントが確実にあるかを確実します。
これは念の為に管理者権限にしておくと、より確実のようです。

  • Windows7
  • Office365管理
  • Outlook2013

[スタート] ボタン、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]→[Windows PowerShell] を開きます。
この時、Windows 7の場合は[Windows PowerShell] を右クリックして[管理者として実行] をクリックします。

続行するかどうかを確認するユーザー アカウント制御プロンプトが表示されたら、[続行] を選択します。

Windows PowerShellが起動したら、以下の順にコマンドを入力します。

  1. 「Get-ExecutionPolicy」(Restrictedの場合「Set-ExecutionPolicy RemoteSigned」)
  2. 「$LiveCred = Get-Credential」(※ 資格情報の要求画面が表示されますので、管理者のID、パスワードを入力します)
  3. 「$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell/ -Credential」
  4. 「$LiveCred -Authentication Basic -AllowRedirection」
  5. 「Import-PSSession $Session」

特定のドメインへ送信する全てのメッセージフォーマットを変更する
PowerShell から登録済みドメインの TNEFEnabled の設定を false に設定するとドメイン宛てのメールはリッチテキスト形式にならなくなります。

ここからPowerShell から New-RemoteDomain で対象となるドメインを追加します。

「New-RemoteDomain -Name “(独自ドメイン名)” -DomainName “(独自ドメイン名)”」
ドメインが複数ある場合、この後「New-RemoteDomain -Name “(独自ドメイン名)” -DomainName “(独自ドメイン名)”」と連続して入力します。

「Set-RemoteDomain -Identity “(独自ドメイン名)” -TNEFEnabled $false」ドメイン名に対する設定を変更する。
この場合も複数のドメイン名がある場合は連続で入力する。

「Set-RemoteDomain Default -TNEFEnabled $false」送付元のドメインに対しての既定の値を変更する。

設定できたら確認のコマンドを入れます。

「Get-RemoteDomain “(独自ドメイン名)” | fl」
「Get-RemoteDomain “Default” | fl」

設定一覧の真ん中あたりに「TNEFEnabled:False」になっていればOK。

あとは試してみるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です