HTML

文字化けの対処法

「HTMLを書いたら、ドリームウィーバーだとちゃんと書かれてるのにブラウザで開いたら文字化けした!」

ドリームウィーバーで覚えてしまった人特有の質問ではないでしょうか。

さて、
表示されるのが日本語であっても、デジタルである以上、結局0と1の羅列なわけです。

「どういう配列の2進数が日本語のどの文字にあてはまるか?」
という規格を文字コードと言います。
デフォルトはJISコードですが、それだと日本のPCでしか見れないサイトになってしまうので、最近はUTF-8が多く使われています。

文字コードを設定する場所は3つ

  1. HTMLのMETAタグ内
  2. 編集しているエディタの設定
  3. ブラウザのエンコード

文字化けを起こした場合、これらが噛み合っていない事になります。
多いのは、ファイルとブラウザの文字コードが合っていない事が考えられます。
ソースのcharsetとブラウザが合ってる(最近のブラウザは賢いので自動判別してくれるが)場合は、ソースのcharsetとファイルの文字コード指定が合ってない事が多いです。
エディターの方で文字コードを指定して保存し直すと、だいたい解決します。もしくは、charsetのメタタグを消すとブラウザが自動判別してくれる場合もありますが、消すのはよくないのでちゃんと合わせましょう。
それでも合わない場合、FTPソフトの転送設定もチェックします。
このへんは別の話になるので、また今度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です