今週のバンオウ-盤王-

アイラブ将棋!

初回全話無料のマンガアプリ「少年ジャンプ+」で「[1話]バンオウ-盤王-」を読んでます! #ジャンププラス

ジャンププラスで好みの新連載があったので、ブログネタとしてレビューしてみたいと思います。

あらすじ

大昔の妖怪が現代のインターネット対局でハンドルネームのままプロ棋士相手に無双して現代のトップ棋士とタイトル戦をする話。です。ちょっと聞いたことありますね。

囲碁ではなく、ジャンプでは珍しい将棋マンガ。とはいえ某囲碁マンガと共通点は多いかなと思います。
なんとなく画風が初期のゲットバッカーズと似ています。

<a href=”https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E6%A5%B5%EF%BC%81%E5%90%88%E6%9C%AC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%91-Get-Backers-%E5%A5%AA%E9%82%84%E5%B1%8B1%E5%B7%BB-%E9%9D%92%E6%A8%B9%E4%BD%91%E5%A4%9C-ebook/dp/B07VTN2JFK?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2UJ91JP1X3TL3&keywords=%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BA&qid=1675335587&s=books&sprefix=%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%2Cstripbooks%2C318&sr=1-1&linkCode=li2&tag=laciruelo-22&linkId=40305117290e07aaf264e212b79d6185&language=ja_JP&ref_=as_li_ss_il” target=”_blank”><img border=”0″ src=”//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B07VTN2JFK&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=laciruelo-22&language=ja_JP” ></a><img src=”https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=laciruelo-22&language=ja_JP&l=li2&o=9&a=B07VTN2JFK” width=”1″ height=”1″ border=”0″ alt=”” style=”border:none !important; margin:0px !important;” />

第7話

キャッシュカードを出せ、暗証番号を教えろ、金を置いてここで滅びろ、化け物
吸血鬼ハンター(?)の女性のセリフとしてはどうなんだという感じですが、今週はほとんどが隆ノ介の逃げ回る話となります。
先週は人狼か何かかと思いましたが、やはり人間ではないらしく、街ごと破壊するような勢いです。この世界の吸血鬼は基本動物の血で良いようなので、誰にも迷惑はかけていないのですが、宗教的な意味合いで追い回しているのでしょうか。
さて見事に撒いた隆ノ介。元さんの応援に行きますが、その日の対局は終了。翌日も日中は出歩きたくないのか、そのまま元さんのホテルに泊まろうとします。
嫌がる元さんに土産のアメリカパイソンの血を差し入れして居座ります。
「お前からもらったもんは口にできねぇ」
という台詞からすると、過去に聖水とか有害なものを飲まされた事があるのでしょうか。
しかし現在の隆ノ介は元さんの純粋なファンなので、自分で検毒して見せます。
「うめぇ」
と感心する元さん。
リフレッシュして翌日に備えます。
この感じだと、吸血鬼ハンター?と戦いながら竜王戦を勝ち抜いていく話になるのでしょうか?
そうすると呼び込んだのは隆ノ介なので、なかなかトラブルメーカーな仲間になりそうですね。

第6話

なぜかレギュラー化してきた埼玉代表さん。
扱いはアレですが、アマとしてはかなりの実力者のようで、ベスト4入りを狙います。
ヒカルの碁でいえばフクくんくらいの実力なのでしょうね。関係ないですが、昔同人ゲーの受託開発引き受けてた頃にこういうビジュアルのキャラよくいました。
そして久々に登場、隆ノ介。
よほど退屈な数百年を過ごしているらしく、吸血鬼が日の目を見る事に興味津々の様子。邪悪な顔をするワリによほど元さんの応援に行きたいらしく、
「見に行きたい」→「行くか」の即落ち2コマとなります。
そこで偶然遭遇した、犬を連れたお姉さんに吸血鬼だと見破られてしまい・・・。

今のところこの作品に悪い人は登場しないので、このお姉さんも良い人な気もするのですが、ストーリー的に考えると、この人はバンパイアハンターの人狼か何かで、隆ノ助のピンチに元さんが欠場に危機に陥ったりするんですかね?
知りもしない将棋の現場に行かされる記者業のわりに、豪華な部屋に住んでますね隆ノ助。

第五話

日常回。

竜王戦の合間の元さんが子供達と対局したりするのですが、ヒカルの碁にもいたような大人気ない強い人(アマ埼玉代表)を完膚なきまでに打ちのめす元さん…なのですが、

角がありえない位置にいたり(取った角だとすると自分のはどこに)歩がまったく動いていない(囲いを作ってないし崩してもいない)内側に持ち駒をはって投了させていたりと、ちょっと筋の見えない盤面でした。

第四話

天草五段とのエキシビジョンマッチ。

天草五段は飛車角落ちを提案しますが、平手のガチ勝負を希望する元さん。
最初は優勢の天草五段。ライジングインパクトのランスロットみたいな事を言い出します。最善手が光として見えるとの事。

しかし相手が吸血鬼ですので、優勢が崩れると見えなくなってしまいます。
あわや元さん勝利か?というところで新堂竜王が登場。対局を中止させてしまいます。

このまま続ければ19手後に天草五段が詰まれていたと看破する竜王。元さんがネット世界のGENだと気付きます。

さて、盤面はよく見えなかったのですが、天草五段は居飛車の櫓囲い?でした。どう崩したかはわからないのですが、歩を張って崩した模様。歩の背後には何もいなかったので、何も効いておらず、桂馬も少し遠いです。その後に天草五段の竜王が攻め込んで成っているところを見ると、釣り歩のようなものだったのでしょうか?

ともあれ五段と因縁ができてしまったので、本戦出場は確かなように思いますね。

第三話

ここで、ようやく月山さんの(今の)本名が判明。月山元さんでした。元四郎は江戸時代の名前でしょうか。

昼間は倒れてしまう吸血鬼の元さんは、太陽に慣れるため、竜王戦以外の大会も出場して勝ち抜き続けている様子。

そんな中、ある大会の優勝者はプロ棋士・天草五段とエキシビジョンで対局する事に……。

冷静に考えると、これはエキシビジョンで竜王戦とも関係ないのですから辞退すれば良いのですが、元さんはプロ棋士との対局なので喜んでやりそうですね。

第一話で岩本六段に勝っているので、格付の上なら夜やれば勝てる相手ですが、日中で既に消耗しているのでかなり苦しいかと思います。

第二話

さて将棋教室の存続のため、ビル改築費4000万稼ぐのを目標に竜王戦に出る月山さん。

確かに賞金が明確になってるのは竜王戦だけで、第一話の冒頭でタイトル戦に出場できるのは確定しています。

とはいえ日中は弱い吸血鬼ですし、この回の竜王戦でタイトル挑戦できるとは書いていませんので、負ける可能性は普通にあるのではと思います。

予想通りアマチュアリーグは無双状態で勝ち抜きますが、昼間の外出は辛いのか、途中で倒れてしまいます。

そこに彼を知る別の吸血鬼が現れ……。

この世界の吸血鬼って普通に働いているんですね。しかも昼職。

前回優勝者に完勝する月山さん。

どのように勝ったかは判然としませんが、相手の囲いの内側に金をはって詰みにしたようです。敵の囲いを崩す前に二枚金で勝ったのでしょうか。

第一話

基本設定の紹介となる一話。吸血鬼の月山さんことハンドルネームGENさんは、あまりに余りまくった時間を江戸時代頃に覚えた将棋に費やしていました。

300年に及ぶ時間は将棋の凡才だった彼に人間が到底経験できない膨大な敗北を与え、その結果として現代日本では人間の到達できない領域に到達させたのですが。。。

第一話から強豪岩本六段とのネット対局。難なく投了勝ちを納めるのですが、コマから見える限りは、岩本六段はと金一つに投了していて、と金の背後になにが効いているのか今ひとつ戦法がわかりませんでした。

とはいえ第一話で六段を下してしまったので、今後アマチュア大会では無双できるのが確定していますね。

月山さんはビル老朽化のため閉鎖する将棋教室存続のため竜王戦に出場します。

アイラブ将棋!

梅木千世でした。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です