php

【PHP】switch文

switch文(スイッチぶん)とは、プログラミング言語において、ある式の値に応じて多分岐をおこなう文である。
最適化の仕方によって多少変わることはあるが、場合によってはテーブルジャンプなどにより、条件判断を繰り返すif文より効率的に実行される。

同じ式を用いてIF文を並べたのに似ています。 同じ変数を異なる値と比較し、値に応じて異なったコードを実行したいと 思うことがしばしばあるかと思います。 switch文は、まさにこのためにあるのです。

注意: 他の言語とは違って、 continue命令は switchにも適用され、breakと同じ動作をします。 ループの内部でswitchを使用しており、 外側のループの処理を続行させたい場合には、continue 2 を使用してください。
注意:
switch/case が行うのは、 緩やかな比較 であることに注意しましょう。
次の二つの例は、同じことを二つの異なった方法で書いたものです。 一つは、if文を、もう一つはswitch 文を使っています。

例1 switch構造

if ($i == 0) {
echo “iは0に等しい”;
} elseif ($i == 1) {
echo “iは1に等しい”;
} elseif ($i == 2) {
echo “iは2に等しい”;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です