レーシック(ICL)を受けた感想 3〜手術2日目 レーシック難民の恐怖〜

いきなりトラブル


手術翌日の梅木さん。

よく、レーシックを受けると
世界が変わる!
という感動を受けるらしいのですが、残念な事に今ひとつ味わえませんでした。

片目だけよく見えないぞ!?
寝て起きると、右目はかなりクリアに見えるんですが、左目が霞んでよく見えません。
ICLを受けると翌日検診、一週間後検診、一ヶ月後検診があるので、まずは診察です。

とりあえず翌日検診へ

視力検査すると、右2.0に対して左0.9。
右目見え過ぎ。
どちらも同じくらいなら0.9で十分なんですが、差異が大きくてとても疲れます。
霞んで見える左目は炎症ではという事で、左目だけ目薬を追加となりました。

これは噂のレーシック難民というやつか!?

メリット

もともとドライアイなので、コンタクト入れるととても不快感が強いのですが、眼内コンタクトだとそれがありません。
結果的には、ドライアイがやや気にならなくなりました。

シャワーについて

翌日はシャワーが浴びれますが、目に水がはいらないように浴びますため、ちょっと大変です。
タオルで顔を覆ったまま浴びました。

気づいた事

見えない時には気付かないですが、思ってたよりお風呂場が汚い。

視界にキラキラした輪っかができる。
気にしなければ気にならないです。

顛末は次の一週間検診で。

梅木千世でした。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です