短刀 銘「寿命」七寸九分

江戸末期の新々刀、銘 寿命

江戸時代の武家の間では、寿命という名前の縁起が良い事から贈答品に好まれたそうです。
この短刀は鑑定書つきで購入しました。

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。刃紋は互の目乱れ尖り刃交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。匂い足、葉働き、金筋、砂流しかかり、明るく冴える。焦茶塗鞘喰出鍔短刀拵入り。

保存刀剣が取れるような刀は状態が良く、刃紋がよく見えて非常に綺麗です。

梅木千世でした。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です