浜松八幡宮

八幡神というのは源氏の守り神とされています。源氏を称する徳川家康の信仰の対象になったようです。

こちらが参道。

三方ヶ原の戦いで敗走する家康が隠れたとされる楠があります。

うろをアップにすると、こんな感じです。

しめ縄がされているあたりでしょうか。

少し離れて、二代目秀忠の産湯の井戸がありますが、復元であり場所も違います。

さらに離れて、四天王本多忠勝の屋敷跡とされる場所があります。


この近くに、小豆餅と銭取という地名があります。
三方ヶ原の戦いで敗走する家康が、茶屋で小豆餅を食べましたが、追っ手が来たので代金を払わず逃げました。
すると茶店の老婆が走って追って来て、追いついて代金を取り立てたのが銭取だそうです。
その場所を小豆餅と銭取とよぶのだそうですよ。

梅木千世でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です