麒麟が来る 第二話

尾張の虎、織田信秀と美濃の蝮、斎藤道三の戦いが前半。わざと撤兵して織田が油断して引き返したところに逆襲する道三が描かれます。
非常に迫力ある合戦が良かったですね。

後半、土岐頼純を道三が毒殺するシーン。
唄いながら静かに毒殺する道三、本木雅弘さんの演技が実に鬼気迫る怪演。しかも伊右衛門のCMに出てるという事でTwitterでバズり、サントリー公式でも乗っかったツイートを出して「#毒茶」など愉快なハッシュタグが蔓延しました。

さて大河の斎藤道三と言うと、個人的にはビジュアル面では「国盗り物語」の北大路欣也さんのイメージが強く、本木雅弘さんは若すぎてスッキリしすぎだったんですが、茶を点てるあたりから、蝮の毒が滲み出してて実に道三らしい道三でした。
次に斎藤道三を演じる役者さんは大変ですね……。

ここで帰蝶が元のキャスト通り沢尻エリカさんだったら、父と共謀して夫を毒殺するブラック帰蝶が見れたかも知れませんね。

梅木千世でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です