宮沢賢治 猫の事務所 ……ある小さな官衙に関する幻想……

 軽便鉄道の停車場の近くに、猫の第六事務所がありました。ここは主に、猫の歴史と地理をしらべるところでした。
 書記はみな、短い黒の繻子(しゅす)の服を着て、それに大へんみんなに尊敬されましたから、何かの都合で書記をやめるものがあると、そこらの若い猫は、どれもどれも、みんなそのあとへ入りたがつてばたばたしました。
 けれども、この事務所の書記の数はいつもただ四人と決まっていましたから、その沢山の中で一番字がうまく詩の読めるものが、一人やっと選ばれるだけでした。
 事務長は大きな黒猫で、少し耄碌してはいましたが、眼などは中に銅線が幾重も張ってあるかのように、じつに立派にできていました。
 さてその部下の
一番書記は白猫でした、
二番書記は虎猫とらねこでした、
三番書記は三毛猫でした、
四番書記は竃猫(かまねこ)でした。
 竃猫と言うのは、これは生れ付きではありません。生れ付きは何猫でもいいのですが、夜かまどの中には入って眠る癖があるために、いつでもからだが煤すすできたなく、殊に鼻と耳には真っ黒に炭がついて、何だかたぬきのような猫のことを言うのです。
 ですからかま猫はほかの猫には嫌わます。
 けれどもこの事務所では、何せ事務長が黒猫なもんですから、このかま猫も、あたり前ならいくら勉強ができても、とても書記なんかになれない筈はずのを、四十人の中からえらびだされたのです。
 大きな事務所のまん中に、事務長の黒猫が、真っ赤な羅紗(らしゃ)をかけた卓を控へてどっかり腰かけ、その右側に一番の白猫と三番の三毛猫、左側に二番の虎猫と四番のかま猫が、めいめい小さなテーブルを前にして、きちんと椅子いすにかけていました。
 ところで猫に、地理だの歴史だの何になるかと言いますと、
 まあこんな風です。
 事務所の扉とをこつこつ叩たたくものがあります。
「入れっ!」事務長の黒猫が、ポケツトに手を入れてふんぞりかえってどなりました。
 四人の書記は下を向いて忙しそうに帳面をしらべています。
 ぜいたく猫がはひつて来ました。
「何の用だ。」事務長が言います。
「わしは氷河鼠(ひょうがねずみ)を食いにベーリング地方へ行きたいのだが、どこらがいちばんいいだろう?」
「うん、一番書記、氷河鼠の産地を云え。」
 一番書記は、青い表紙の大きな帳面をひらいて答えました。
「ウステラゴメナ、ノバスカイヤ、フサ河流域であります。」
 事務長はぜいたく猫に言いました。
「ウステラゴメナ、ノバ………何と言ったかな。」
「ノバスカイヤ。」一番書記とぜいたく猫が一緒に言いました。
「さう、ノバスカイヤ、それから何!?」
「フサ川。」またぜいたく猫が一番書記と一緒に言ったので、事務長は少しきまり悪そうでした。
「そうそう、フサ川。まああそこらがいいだろうな。」
「で旅行についての注意はどんなものだろう。」
「うん、二番書記、ベーリング地方旅行の注意を述べよ。」
「はっ。」二番書記は自分の帳面を繰りました。「夏猫は全然旅行に適せず」するとどう言うわけか、この時みんながかま猫の方をじろつと見ました。
「冬猫もまた細心の注意を要す。函館はこだて付近、馬肉にて釣らるる危険あり。特に黒猫は充分に猫なることを表示しつつ旅行するにあらざれば、応々黒狐と誤認せられ、本気にて追跡さるることあり。」
「よし、いまの通りだ。貴殿は我輩のように黒猫ではないから、まあ大した心配はあるまい。函館で馬肉を警戒するぐらいのところだ。」
「さう、で、向うでの有力者はどんなものだらう。」
「三番書記、ベーリング地方有力者の名称を挙げよ。」
「はい、えーと、ベーリング地方と、はい、トバスキー、ゲンゾスキー、二名であります。」
「トバスキーとゲンゾスキーと言うのは、どう言うようなやつらかな。」
「四番書記、トバスキーとゲンゾスキーについて大略を述べよ。」
「はい。」四番書記のかま猫は、もう大原簿のトバスキーとゲンゾスキーとのところに、みじかい手を一本づつ入れて待つていました。そこで事務長もぜいたく猫も、大へん感服したらしいのでした。
 ところがほかの三人の書記は、いかにも馬鹿ばかにしたように横目で見て、ヘツとわらつていました。かま猫は一生懸命帳面を読みあげました。
「トバスキー酋長、徳望あり。眼光炯々たるも物を言うこと少しく遅し、ゲンゾスキー財産家、物を言ふこと少しく遅けれども眼光炯々たり。」
「いや、それでわかりました。ありがたう。」
 ぜいたく猫は出て行きました。
 こんな具合で、猫にはまあ便利なものでした。ところが今のおはなしからちょうど半年ばかりたつたとき、とうとうこの第六事務所が廃止になってしまいました。と言うわけは、もうみなさんもお気づきでしょうが、四番書記のかま猫は、上の方の三人の書記からひどく憎まれていましたし、ことに三番書記の三毛猫は、このかま猫の仕事をじぶんがやつて見たくてたまらなくなつたのです。かま猫は、何とかみんなによく思はれようといろいろ工夫をしましたが、どうもかえっていけませんでした。
 たとえば、ある日となりの虎猫とらねこが、ひるの弁当を、机の上に出してたべはじめようとしたときに、急にあくびに襲はれました。
 そこで虎猫は、みじかい両手をあらんかぎり高く延ばして、ずいぶん大きなあくびをやりました。これは猫仲間では、目上の人にも無礼なことでも何でもなく、人ならばまず鬚でもひねるぐらいのところですから、それはかまいませんけれども、いけないことは、足をふんばつたために、テーブルが少し坂になって、弁当ばこがするするつと滑って、とうとうガタっと事務長の前の床に落ちてしまつたのです。それはでこぼこではありましたが、アルミニユームでできていましたから、大丈夫こわれませんでした。そこで虎猫は急いであくびを切り上げて、机の上から手をのばして、それを取ろうとしましたが、やっと手がかかるかかからないか位なので、弁当ばこは、あつちへ行つたりこつちへ寄つたり、なかなかうまくつかまりませんでした。
「君、だめだよ。とどかないよ。」と事務長の黒猫が、モシャモシャとパンを喰べながら笑って言いました。その時四番書記のかま猫も、ちょうど弁当の蓋を開いたところでしたが、それを見てすばやく立つて、弁当を拾って虎猫に渡そうとしました。ところが虎猫は急にひどく怒り出して、折角かま猫の出した弁当も受け取らず、手をうしろに廻してやけにからだを振りながらどなりました。
「何だい。君は僕にこの弁当を喰べろと言うのかい。机から床の上へ落ちた弁当を君は僕に喰へと言うのかい。」
「いいえ、あなたが拾おうとなさるもんですから、拾つてあげただけでございます。」
「いつ僕が拾おうとしたんだ。うん。僕はただそれが事務長さんの前に落ちてあんまり失礼なもんだから、僕の机の下へ押し込まうと思つたんだ。」
「さうですか。私はまた、あんまり弁当があつちこつち動くもんですから…………」
「何だと失敬な。決闘を………」
「ジヤラジヤラジヤラジヤラン。」事務長が高くどなりました。これは決闘をしろと言ってしまわせない為ために、わざと邪魔をしたのです。
「いや、喧嘩するのはよしたまえ。かま猫君も虎猫君に喰べさせようと言うんで拾つたんじゃなかろう。それから今朝言うのを忘れたが虎猫君は月給が十銭上がったよ。」
 虎猫は、はじめは恐い顔をしてそれでも頭を下げて聴いていましたが、たうとう、よろこんで笑ひ出しました。
「どうも、お騒がせいたしましてお申しわけございません。」それからとなりのかま猫をじろつと見て腰掛けました。
 みなさんぼくはかま猫に同情します。
 それからまた五、六日経って、丁度これに似たことが起つたのです。こんなことがたびたび起るわけは、一つは猫どもの無精なたちと、も一つは猫の前あし、即ち手があんまり短いためです。今度は向うの三番書記の三毛猫が、朝仕事を始める前に、筆がポロポロころがつて、たうとう床に落ちました。三毛猫はすぐ立てばいいのを、骨惜みして早速前に虎猫とらねこのやつた通り、両手を机越しに延ばして、それを拾ひ上げようとしました。今度もやっぱり届きません。三毛猫は殊にせいが低かつたので、だんだん乗り出して、たうとう足が腰掛けからはなれてしまひました。かま猫は拾つてやらうかやるまいか、この前のこともありますので、しばらくためらつて眼をパチパチさせて居ましたが、たうとう見るに見兼ねて、立ちあがりました。
 ところが丁度この時に、三毛猫はあんまり乗り出し過ぎてガタンとひつくり返つてひどく頭をついて机から落ちました。それが大分ひどい音でしたから、事務長の黒猫もびつくりして立ちあがつて、うしろの棚から、気付けのアンモニア水の瓶びんを取りました。ところが三毛猫はすぐ起き上つて、かんしやくまぎれにいきなり、
「かま猫、きさまはよくも僕を押しのめしたな。」とどなりました。
 今度はしかし、事務長がすぐ三毛猫をなだめました。
「いや、三毛君。それは君の間違いだよ。
 かま猫君は好意でちよつと立つただけだ、君にさはりも何もしない。しかしまあ、こんな小さなことは、なんでもありやしないじゃないか。さあ、えゝとサントンタンの転居届けと。えゝ。」事務長はさつさと仕事にかかりました。そこで三毛猫も、仕方なく、仕事にかかりはじめましたがやつぱりたびたびこはい目をしてかま猫を見ていました。
 こんな具合ですからかま猫はじつに辛いのでした。
 かま猫は当たり前の猫にならうと何べん窓の外にねて見ましたが、どうしても夜中に寒くてくしやみが出てたまらないので、やつぱり仕方なく竈かまどのなかに入るのでした。
 なぜそんなに寒くなるかと言うのに皮がうすいためで、なぜ皮が薄いかと言うのに、それは土用に生れたからです。やつぱり僕が悪いんだ、仕方ないなあと、かま猫は考へて、なみだをまん円な眼一杯にためました。
 けれども事務長さんがあんなに親切にして下さる、それにかま猫仲間のみんながあんなに僕の事務所に居るのを名誉に思つてよろこぶのだ、どんなにつらくてもぼくはやめないぞ、きつと堪えるぞと、かま猫は泣きながら、にぎりこぶしを握りました。
 ところがその事務長も、あてにならなくなりました。それは猫なんて言うものは、賢いようで馬鹿なものです。ある時、かま猫は運わるく風邪を引いて、足のつけねを椀のように腫らし、どうしても歩けませんでしたから、とうとう一日休んでしまいました。かま猫の藻掻きようといったらありません。泣いて泣いて泣きました。納屋の小さな窓から射さし込んで来る黄いろな光をながめながら、一日一杯眼をこすつて泣いていました。
 その間に事務所ではかう言う風でした。
「はてな、今日はかま猫君がまだ来んね。遅いね。」と事務長が、仕事のたえ間に言いました。
「なあに、海岸へでも遊びに行つたんでせう。」白猫が言いました。
「いゝやどこかの宴会にでも呼ばれて行つたらう」虎猫が言いました。
「今日どこかに宴会があるか。」事務長はびつくりしてたづねました。猫の宴会に自分の呼ばれないものなどある筈はずはないと思つたのです。
「何でも北の方で開校式があるとか言いましたよ。」
「さうか。」黒猫はだまつて考へ込みました。
「どうしてどうしてかま猫は、」三毛猫が言い出しました。「この頃はあちこちへ呼ばれているよ。何でもこんどは、おれが事務長になるとか言ってるさうだ。だから馬鹿ばかなやつらがこはがつてあらんかぎりご機嫌をとるのだ。」
「本当かい。それは。」黒猫がどなりました。
「本当ですとも。お調べになつてごらんなさい。」三毛猫が口を尖とがらせて言いました。
「けしからん。あいつはおれはよほど目をかけてやつてあるのだ。よし。おれにも考えがある。」
 そして事務所はしばらくしんとしました。
 さて次の日です。
 かま猫は、やつと足のはれが、ひいたので、よろこんで朝早く、ごうごう風の吹くなかを事務所へ来ました。するといつも来るとすぐ表紙を撫なでて見るほど大切な自分の原簿が、自分の机の上からなくなつて、向ふ隣り三つの机に分けてあります。
「ああ、昨日は忙がしかつたんだな、」かま猫は、なぜか胸をどきどきさせながら、かすれた声で独りごとしました。
 ガタツ。扉とが開いて三毛猫がはひつて来ました。
「お早うございます。」かま猫は立つて挨拶しましたが、三毛猫はだまつて腰かけて、あとはいかにも忙がしさうに帳面を繰つています。ガタン。ピシヤン。虎猫がはひつて来ました。
「お早うございます。」かま猫は立つて挨拶しましたが、虎猫は見向きもしません。
「お早うございます。」三毛猫が言いました。
「お早う、どうもひどい風だね。」虎猫もすぐ帳面を繰りはじめました。
 ガタツ、ピシヤーン。白猫しろねこが入つて来ました。
「お早うございます。」虎猫とらねこと三毛猫が一緒に挨拶しました。
「いや、お早う、ひどい風だね。」白猫も忙がしさうに仕事にかかりました。その時かま猫は力なく立つてだまつておじぎをしましたが、白猫はまるで知らな言うりをしています。
 ガタン、ピシヤリ。
「ふう、ずいぶんひどい風だね。」事務長の黒猫が入つて来ました。
「お早うございます。」三人はすばやく立つておじぎをしました。かま猫もぼんやり立つて、下を向いたまゝおじぎをしました。
「まるで暴風だね、えゝ。」黒猫は、かま猫を見ないで斯かう言ひながら、もうすぐ仕事をはじめました。
「さあ、今日は昨日のつづきのアンモニアツクの兄弟を調べて回答しなければならん。二番書記、アンモニアツク兄弟の中で、南極へ行つたのは誰たれだ。」仕事がはじまりました。かま猫はだまつてうつむいていました。原簿がないのです。それを何とか言いたくつても、もう声が出ませんでした。
「パン、ポラリスであります。」虎猫が答へました。
「よろしい、パン、ポラリスを詳述せよ。」と黒猫が言います。ああ、これはぼくの仕事だ、原簿、原簿、とかま猫はまるで泣くように思ひました。
「パン、ポラリス、南極探険の帰途、ヤツプ島沖にて死亡、遺骸いがいは水葬せらる。」一番書記の白猫が、かま猫の原簿で読んでいます。かま猫はもうかなしくて、かなしくて頬ほほのあたりが酸つぱくなり、そこらがきいんと鳴つたりするのをじつとこらへてうつむいて居をりました。
 事務所の中は、だんだん忙しく湯の様になつて、仕事はずんずん進みました。みんな、ほんの時々、チラッとこっちを見るだけで、ただ一言も言いません。
 そしてお昼になりました。かま猫は、持つて来た弁当も喰べず、じつと膝ひざに手を置いてうつむいて居りました。
 たうとう昼過ぎの一時から、かま猫はしくしく泣きはじめました。そして晩方まで三時間ほど泣いたりやめたりまた泣きだしたりしたのです。
 それでもみんなはそんなこと、一向知らないと言うように面白さうに仕事をしていました。
 その時です。猫どもは気が付きませんでしたが、事務長のうしろの窓の向ふにいかめしい獅子の金いろの頭が見えました。
 獅子は不審そうに、しばらく中を見ていましたが、いきなり戸口を叩たたいて入って来ました。猫どもの愕きようと言ったらありません。うろうろうろうろそこらをあるきまはるだけです。かま猫だけが泣くのをやめて、まつすぐに立ちました。
 獅子が大きなしつかりした声で言いました。
「お前たちは何をしているか。そんなことで地理も歴史も要いつた話でない。やめてしまへ。えい。解散を命ずる」
 かうして事務所は廃止になりました。
 ぼくは半分獅子に同感です。

原文 青空文庫より引用
入力:細川みづ穂
校正:瀬戸さえ子

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+