東大寺(とうだいじ)

俗に言う奈良の大仏。
奈良の世界遺産の一つ。というか、もっとも有名な日本の世界遺産ではと思います。
宗派は華厳宗。

手塚治虫の「火の鳥 鳳凰編」のモチーフとしても有名ですね。
本尊は盧遮那仏。

盧遮那仏は梵読みでヴァイローチャナ。
80年代ジャンプにゴッドサイダーという漫画があり、主人公の鬼哭霊気の守護神がヴァイローチャナでしたが、大仏様より相当グラフィカルなデザインでした。

それはさておき、 経典の中にはシッダールタ以前の仏陀が多数いる事になっており、特に法華経ではシッダールタ以前の如来やインド土着の神様たちがシッダールタの法話を聴きにやって来ます。
なお、毘盧舎那の典拠は華厳経。
シッダールタの事ではなく概念上の宇宙全体を包む仏すが、外見上はシッダールタを模した姿に酷似します。
如来となるに必要な三十二相八十種好という外見上の特徴を備えると、基本的には同じ外見になるのかも知れません。
そもそも無の概念に沿えば、人間の外見は変わるもので、一時の見た目に意味など無いので同じでいいのかも知れませんね。

修学旅行でも定番なので、知らない人はまずいないと思われます。

奈良市水門町南院畑82(南大門南側)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+