御朱印巡り 目白不動~雑司が谷 鬼子母神堂

さて、御朱印巡りです。
江戸五色不動の四色目は目白不動に行ってきました。
目白からはバスで移動します。バス停で言うと鬼子母神前なんですが、参道の入り口なのでそこそこ遠いですね。
今回はご本尊は見れませんでしたが、不動像は見る事ができました。

以前、Live.me公式チャンネルで訪れた鈴ヶ森刑場で磷付にされた丸橋忠弥のお墓がありました。
ここでは肯定的に槍術の達人、とあります。
クーデターを企てたのは現代になってみれば気骨の人物と言えるでしょう。
実際に宝蔵院流槍術の達人だったとか。

ちなみに、僕は納経するわけではないので、開かれていない限り御朱印は無しです。今回は扉が開いていなかったのでお願いしませんでした。

続いて雑司が谷 鬼子母神堂に移動します。
鬼子母神堂にも不動堂がありました。

雑司が谷の鬼子母神には天然記念物の大銀杏があります。

ところで、雑司が谷の鬼子母神の側には、僕がTHE OUTSIDERで健康診断をしてもらった鶉山医院さんがあります。
格闘技の健康診断を想定してる医院ではありませんが、僕の試合で何度もやってるので、話しやすいかも知れませんよ。

たまたま七五三をやっていたので、晴着の女の子が気になるベビ。
女の子が気になったのか、赤い服が気になったのかは知りません。

話が飛びますが、雑司が谷の店頭で見かけて気に入ってしまったのがこちら。

九谷焼の急須です。
一目で気に入ってしまいました。


ちなみに、こちらが鈴ヶ森刑場跡での写真。
由井正雪の乱での主犯格の一人、丸橋忠弥の処刑された場所でもあります。

梅木千世でした。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+