木原吉次について語ろう

江戸っ子は昭和20年より前の戸籍謄本が取れない

相続のため、祖母の戸籍を集めていました。
3代住んでの江戸っ子と言いますが、
代々の東京住みしか知らないと思う事が一つ。東京の人は昭和20年以前の戸籍が取れないって知ってましたでしょうか?
理由は東京大空襲で燃えてしまったからでした。
昭和20年以前の戸籍謄本が取れませんでしたが、東京大空襲で戸籍謄本が燃えた、という上の告知書があれば不動産でも銀行でも相続は問題ないとの事です。

東京大空襲

Wikipediaだとこのような焼け野原ですので、無理もない事です。

木原吉次について

さて、せっかく調べましたので、今日は木原吉次について語ろうと思います。

ちなみに、名字からわかるように僕は直系ではなく、おそらく本家本元の木原さんという人がどこかにいると思うのですが、ここでは見聞きした事を述べます。

戦国時代以前、遠州山名木原村(現在の静岡県袋井市木原のあたり)に鈴木七郎衛兵吉次(?)という人がおりました。
吉次は三方ヶ原の戦いの少し前くらいに徳川家康に臣従し、家康に在所の「木原、木原」と呼ばれていた事から、とうとう木原姓を賜り、以降は木原吉次を名乗ります。
僕は戦闘員ではなく城大工と聞いていましたが、検索してみると工兵もしたようです。

木原家の屋敷は、今の暗闇坂から熊野神社の裏手までの高台で木原山と呼ばれ、この付近は、将軍の鷹狩など狩場ともなっているのだそうですよ。
最も有名な作品は日光東照宮かと思います。
浜松城の普請奉行と聞いていますが、ちょっと検索してみたら
元亀元年(1570)、徳川家康は弱体化した今川領内に侵攻し、木原吉次に命じ引馬城を取り囲むようにして浜松城を築城して東遠江侵攻の基地として居城を岡崎よりこの地に移したとの事です。
吉次は家康とともに江戸に入り、大工棟梁として江戸城の改修工事やや日光山の建築を行います。
また新井宿村四百四十石を領地として与えられ、木原氏は代々の幕府の大工頭になります。現在の大田区山王あたりです。駅で言うと大森あたりになります。
ちなみに、僕の木原の親戚はだいたい墨田・江東・江戸川あたりにいます。おかげで戦災に遭うわけですけども。

四代目の木原義久は、東照宮などの徳川関連の建造物の造営に尽力します。

五代目の木原義永は領民への思いやりが足りなかったようで、延宝年間に直訴騒動を起こされ、ご先祖様は直訴に踏み切った領民6名を斬首してしまいました。
その6名は今も大森郵便局付近に義民として祀られています

明治維新以後

幕府の相給地(旗本木原領・増上寺寺領)は、明治政府に大名屋敷と同じように収公され、地租改正により国有地となり民間に売却されたとあります。

五代目の義永が建てた「桃雲寺再興記念碑」は、 江戸初期の記念碑としては様式が珍しく、 また当時の新井宿近郷の様子や旗本の領地支配の実態を知るための資料とされ、大田区の文化財に指定されているとの事ですが、これはすでに現地にはありません。

太平洋戦争当時

祖母がもういないので詳しくは知りませんが、
支給の軍刀を「こんなん刀じゃねえ」と自前の日本刀をサーベル拵えにして持っていったそうですので、戦争には行っているようです。
祖母は千葉へ疎開していたと聞きます。
戸籍謄本を調べると、本籍地は東京都ですが、出生地は千葉県でした。
祖母によると、疎開先では東京から来た疎開家庭はイジメられたそうです。

戦後

本家本元の木原さんは存じませんが、祖母の父は墨田区でうなぎ屋をやっていました。
現在はやっていませんが、親戚には今もうなぎ屋さんがあります。(会話した事はないですが)

四十九日も僕が喪主なわけですので、親戚の人たちから昔話でも聞いてこようと思います。

梅木千世でした。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+