木原吉次について語ろう

江戸っ子は昭和20年より前の戸籍謄本が取れない

相続のため、祖母の戸籍を集めていました。
3代住んでの江戸っ子と言いますが、
代々の東京住みしか知らないと思う事が一つ。東京の人は昭和20年以前の戸籍が取れないって知ってましたでしょうか?
理由は東京大空襲で燃えてしまったからでした。
昭和20年以前の戸籍謄本が取れませんでしたが、東京大空襲で戸籍謄本が燃えた、という上の告知書があれば不動産でも銀行でも相続は問題ないとの事です。

一部分だけ載せますが、僕が戸籍謄本を取ろうとすると上の書面が来ます。

東京大空襲

Wikipediaだとこのような焼け野原ですので、無理もない事です。

木原吉次について

さて、せっかく調べましたので、今日は木原吉次について語ろうと思います。

ちなみに、名字からわかるように僕は直系ではなく、おそらく本家本元の木原さんという人がどこかにいると思うのですが、ここでは見聞きした事を述べます。

戦国時代以前、遠州山名木原村(現在の静岡県袋井市木原のあたり)に鈴木七郎衛兵吉次という人がおりました。 その前は和歌山の熊野権現の神主だったようです。

袋井市木原
袋井市木原


吉次は浜松城築城の少し前くらいに徳川家康に臣従し、大工頭となります。 浜松城の総奉行と聞いていますが、ちょっと検索してみたら
元亀元年(1570)、徳川家康は弱体化した今川領内に侵攻し、木原吉次に命じ引馬城を取り囲むようにして浜松城を築城して東遠江侵攻の基地として居城を岡崎よりこの地に移したとの事です。
その吉次は、家康から在所の「木原、木原」と呼ばれていた事から、とうとう木原姓を賜り、以降は木原吉次を名乗ります。
僕は戦闘員ではなく城大工と聞いていましたが、検索してみると工兵もしたようです。

袋井市歴史文化館のHPに「『徳川家康公と袋井ゆかりの武将・寺社』展示解説」というパンフレットがあるのですが、こちらによると武田勝頼と家康との間で戦われた高天神城の戦いで武田の家臣を木原権現の神主の木原吉次が斬った事になっています。しかしこれはちょっと時期がおかしく、浜松城の総奉行を吉次が行ったとすると高天神城の戦いの時期にはとっくに徳川家臣のはずです。あるいは村の親戚と一緒だったり、単に変装していたのかも知れません。

その武田の斥候が祟りを起こしたという事で、木原村では木原大念仏という念仏踊りを行い、現在では袋井市の無形文化財に指定されているそうです。
袋井市パンフレット
静岡県袋井市パンフレットより引用

江戸時代

吉次は家康とともに江戸に入り、大工棟梁、官位は内匠として江戸城の改修工事やや日光山の建築を行います。
おそらく最も有名な作品は江戸城と日光東照宮ではと思います。
また新井宿村四百四十石を領地として与えられ、木原氏は代々の幕府の大工頭になります。現在の大田区山王あたりです。駅で言うと大森あたりになります。
江戸城のWikipediaの天守→慶長度天守の項を見ると、作事大工が吉次となっています。(吉次は三河譜代ではないので誰か直して。。。)
木原家の屋敷は、今の暗闇坂から熊野神社の裏手までの高台で木原山と呼ばれ、この付近は、将軍の鷹狩など狩場ともなっているのだそうですよ。
ちなみに、僕の木原の親戚はだいたい墨田・江東・江戸川あたりにいます。おかげで戦災に遭うわけですけども。

国土交通省のHPに、作家の荒俣 宏先生の書かれたページがあります。 これによると、江戸の都市計画にあたり、
最初の都市設計家だった木原吉次らは、たくさんの人間が自然に集まってくるような大きな入れ物をつくりました。これは京都とか大阪には存在しなかった特色です。そのために、まず道路整備をしました。あのような田舎に、当時京都の都大路の朱雀門の通りよりも広い18メートルの道をつくりました。また、食糧供給のために埋め立てをしたり、川の流路をつけ替えたり、さまざまな大工事を実行しました。これらは、全く新しいタイプの都市づくりで、失敗するかどうかはわからないけれども、とりあえず積極的に実験したのです。

とあります。 荒俣先生のお言葉ではありますが、これだと木原家が江戸の都市計画を主導したように取れるので、少し冷静に読む必要があります。
まず、吉次は京都みたいな防御機能の無い首都よりも、鎌倉のように首都防衛を念頭に置いた都市を構想しました。ちなみに仮想敵は毛利、島津など西国大名であって、海外は念頭から外れます。 そのため、日光東照宮など霊廟的な建物は西勢力に対した時に背後に隠す位置にあります。 ところが木原一派は大工とはいえ武臣なので、経歴からして土木と建築の知見しか無いので、都市計画にあたっては、武臣派と反対の民生派というか、住民の生活に関わる上水道や埋め立てを専門にする人たちが必要になり、遠くから呼び寄せる事になります。その中には親戚の鈴木家などもいたでしょう。
そんなわけで、吉次たちは武臣派の首領みたいな立場で江戸を建てたんじゃないかと思います。
彼らは最初はとりあえず、新世代の首都らしく何でもかんでも目新しい物を大振りに作ってやろうぜ、みたいに考えていた気がします。
ところで、帝都物語は子供の頃から好きでしたねぇ。。。

吉次を初代として二代目の重次、三代目の家次は夭折し、その後を継いだ四代目の木原義久は、日光の東照宮などの徳川関連の建造物の造営に携わります。他にも浅草の浅草寺などの寺院もあります。 以降の木原家は代々名前に”よし”が付けられます。字は”吉”でも”義”でもよいようです。

木原義久の事績
馬込にある萬福寺に木原義久の墓

義久は家康の死後に日光東照宮の建築に携わりますが、余った木材をもらってきて所領に運び、荒れていた熊野神社を再建します。現在の大田区大森にある荒藺ヶ崎熊野神社です。多分、木原家の祖先が熊野権現の神主だった事から縁を感じたのではないでしょうか。

義久の子で五代目の木原義永は領民への思いやりが足りなかったようで、延宝年間に直訴騒動を起こされ、ご先祖様は直訴に踏み切った領民6名を斬首してしまいました。
その6名は今も大森の熊野神社のすぐ下にある善慶寺に義民として祀られています
木原の方では木原大念仏が行われていますが、大田区の方では6人の義民に感謝を表す新井宿義民六人衆報恩感謝祭のパレードが行われているそうです。
大田区のHPによると義民六人衆の事績をたどる講演会なども行なっているそうです。 資料を以下に抜粋します。 高天神城の戦いでの吉次の場合と違い、領民を斬った義永はかなり悪者なので、興味はありますが僕はなかなかこういうのに行けません。。
その五代目の義永が、大田区山王の木原家の屋敷があったあたりに「桃雲寺再興記念碑」という木原家の事績を書いた石碑を残しています。これは 江戸初期の記念碑としては様式が珍しく、 また当時の新井宿近郷の様子や旗本の領地支配の実態を知るための資料とされ、大田区の文化財に指定されているとの事ですが、木原家屋敷の敷地は今マンションになっており、少し離れた場所に移動されました。

桃雲寺再興記念碑
桃雲寺再興記念碑

家康に常に木原、木原と呼ばれていたエピソードなどが書かれています。この石碑は郷土博物館の管轄のようなのですが、電話してみたところ書かれてる内容は把握していないようでした。(僕は全文現代語訳を持っていますよ)

稲葉稔先生が、吉次の甥にあたる鈴木長次が主人公の小説を書かれています。吉次は17歳の長次を「天守を作らせてやる」と木原村から連れ出す重要な役どころです。頻繁に登場するのですが、武田と戦っていた場面など戦国絵巻的に面白い部分はチラリとしか出てきません。ちょっと残念!

明治維新後以後

幕府の相給地(旗本木原領・増上寺寺領)は、明治政府に大名屋敷と同じように収公され、地租改正により国有地となり民間に売却されたとあり

太平洋戦争当時

祖母がもういないので詳しくは知りませんが、
支給の軍刀を「こんなん刀じゃねえ」と自前の日本刀をサーベル拵えにして持っていったそうですので、戦争には行っているようです。
祖母は千葉へ疎開していたと聞きます。
戸籍謄本を調べると、本籍地は東京都ですが、出生地は千葉県でした。
祖母によると、疎開先では東京から来た疎開家庭はイジメられたそうです。

戦後

本家本元の木原さんは存じませんが、祖母の父は墨田区でうなぎ屋をやっていました。
現在はやっていませんが、親戚には今もうなぎ屋さんがあります。(会話した事はないですが)。
余談ですが、木原家は皆名前に吉か義がつくと上で述べましたが、祖母の兄は子供が小さい時に病気をしたため、画数を変えたかったのか、吉のつくはずの名前を変更し、昭和風の普通の名前にしてしまいました。400年通して来たのに。。。
こないだ祖母の納骨の時に会ったのでこの話をしたところ「今度自分も木原に行ってみたい!」と言っていましたので、機会があれば一緒に行ってみたいと思います。
梅木千世でした。