Swift

Swiftによるアプリ開発(1)

Swiftが試してみたい

今日からしばらくSwiftについて語ろうと思います。
僕もまだ学習中なので、随時更新して行ければと思います。

Swift

まず、Swiftは、Appleが開発したiOSおよびOS Xをプラットフォームとするためのプログラミング言語です。
これまでiPhoneアプリ開発に使われていたObjective-CやObjective-C++などのC系言語と併用できるように作られています。

SwiftはAppleから提供されているxcodeという専用の開発環境で書きます。
これがかなり至れり尽くせりなので、少しづうご紹介していきます。

iPhoneアプリはxcodeで開発します

xcodeはAppleが提供する無料の専用ソフトウェアです。
専用ソフトですので、インストールと同時に開発環境が作られ、Javaのようなパスを通すなどの作業はいりません。

コードは記述と同時に実行する

Swiftはコンパイラ言語ですが、xcodeにバンドルされているPlaygroundというアプリケーションで、記述すると同時に演算結果が表示されます。
だいたいのコンパイラ言語は検証するにもcompile→Runという手順が必要ですが、これがかなり便利です。
Playgroundのみで開発する事はできませんが、コードが正しいかをこれで検証しながら進める事ができます。

Playground

Frameworkを組み合わせるだけで動かす事ができる

基本的な機能は数多くFrameworkとして取り揃えられており、組み合わせるだけでも最低限の機能を組み込む事ができます。

コードを短くまとめる事ができる

例えばJavaScriptのfor文を例に取ると、以下のように少し簡単に書く事ができます。

for文

少しですが、コードが短く書く事ができ、記述方法もなるべく簡単にしようとしているようです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+