正拳突き解説

さて、先日の練習風景ですが、
もう少し掘り下げて考えてみましょう。

いったん、これは正拳突きなのだとします。
まず体軸が左に倒れています。
首が左に倒れているせいがあるので、体軸そのものはそれほどでもないのかも知れませんが、とにかく倒れていて正拳突きとしてはイマイチです。

また、引き手の左手の掌面が横を向いています。
正しくは上を向くはずです。
ここは考え方としては頭を防御しているのも正しいかと思います。

歩幅が狭く、踵が浮いているので腰を据えられていません
が、これはまあスタイルによるもので個人的にはこういうものです。

それでは、以上を踏まえてもう一度見てみましょう。

20160310-003301.jpg
他人の写真でこんな事言えないので自分の写真で解説してみました。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+