Photoshop

ホームページを作成する手順

ホームページを発注する時に

ホームページや、Webサイトを発注したら、次はおおまかな規模とスケジュールを作ります。

1.画像素材とテキスト素材
画像素材はもちろんクライアント支給でないと用意ができません。
特に文字テキストはデータでない場合、例えば印刷物やpdfから文字を手写しで打ち込むと間違いの元ですし、文字チェックが必要でもあり、かなり作業量が変わります。

事実上、素材を受け取った日が作業開始日となります。

2.デザイン作業
これはデザイナーの作業です。
だいたい二週間を目安にしていただければと思いますが、やはりデザインは好みが分かれますので、
修正作業があり二週間ぴったり、とはいかない事が多いです。
この時点での仕上がりは画像的なもので、HPとしては使えません。

3.コーディング作業
できたデザインにそってホームページとして使えるデータに変更します。
ページ数によりますが、1週間5ページくらいで見ていただければと思います。

ここまでの作業が終われば公開する事ができます。

次に全体の作業期間に関する部分ですが、

A.同一デザイン以外のページがあるか
おおかたのデザインが同じであれば、ページごとにまるまる同じ期間がかかるというような事は無いですが、違うデザインですと項目ごとの期間がかかります。
コーディング作業で作ったコードというものは、デザインが変わると使い回しできる部分が減ります。

B.スマートフォンに対応するかどうか
最近作るホームページは大抵の場合、PCとスマートフォン用のページがあり、従来型携帯電話は無い、という事が多いですので、スマートフォンページを用意するか、レスポンシブにするかなどで作業量の目安が変わります。

C.検索されやすさ、後々の広告を考えるか
最近のホームページは検索されやすさを念頭において作る事が多いですが、
「どういう検索をされた時に検索されたいか」というキーワードを最初に考える必要があります。
SEOの気軽にできて有効な手段にブログがあります。

このブログのようにWordPressを使う事もあれば、オリジナルのデザインにするためにJUGEMUのブログを使う事もあります。
個人的には、アメブロはデザイン変更がしづらく、ライブドアブログJUGEM PLUSなどを使用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です