php

while文

条件が真の間だけ与えられた文の実行を繰り返すループを記述するための文である。
ループの記述には、前置判定と後置判定の2つがある。前置判定は最初に条件式の評価を行い、真であればループ内の処理を行う。C言語などでは while(式) {文} が前置判定となる。後置判定は最初にループの処理を行い、その後に条件式の評価を行う。同様にCでは do {文} while(式); が後置判定となる。両者の違いは、前置判定では条件が偽であれば一度もループ内の処理を行わないの対して、後置判定では最低1回はループの内の処理が行われる点にある。

フォルスになるまで黙々と繰り返すループ文。

 

<?php

$a = 2;

while($i <=10) {
print $i.”→”.$a;
print “<br>”;
$a *= 2;
$i++;/*最後にインクリメントする*/
}

print “ループおわり”;
/*一回処理すると先頭に戻って条件式を確かめる*/
?>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です