HTML

「.html」と「.htm」の意味

HPアドレスを見ていると、HTMLファイルの拡張子は基本的に「.html」ですが、
稀に「.htm」という拡張子があります。
二つに違いはほとんど無く、両方ともブラウザにはHTMLファイルとして認識されます。

これはその昔、拡張子が3文字でなければいけなかった頃の名残で、4文字の拡張子が使える現在はだいたい.htmlと付けられる事が多いと思います。
ブラウザには両方ともHTMLファイルとして認識されますが、○○.htmという名前のファイルに対し、リンクタグにa href=”○○.html”と書いてもリクエストできません。
サイト内で全ての拡張子とリンクの記述がどちらかに統一されていれば、どちらでも大丈夫ですが、新規で制作する時は
基本的に.html」と覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です