検索エンジン最適化

nofollowタグの話

今日はSEOの話です。
SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、Googleなどのサーチエンジンの検索結果のページで、自分のサイトを上の方に表示してもらうための工夫です。
まあ、このへんまではちょっと詳しい人なら知っていると思われます。

さて。
SEOにおいてnofollowというと3つあります。

1.metaタグに書き込んでGoogleなどの検索エンジンから来るロボットが情報を収集するのを断る使い方。
indexだけ検索に載せてもらい、その他のページを下に扱ってもらうのに使ったりします。

2.そのサーバーのルートディレクトリ(サーバ階層で一番上の部分)にテキストデータで指示を置くと、上と同じようにロボットが検索に載せないでくれる、という方法。
特定の人に見せたい掲示板などに使います。

今日はその3。
最近はもうあんまり見かけませんが、
リンクタグの要素にrel=”nofollow”という属性をつけると、
「そのリンクがクリックされた事に対するSEO評価を付けない」というタグ。

2ちゃんコピペサイトなどで以前見かけましたが、スパム的なコメント、トラックバックなどで特定のページに誘導しているものがあります。
これらのリンク、まあ架空請求などに繋がったりもするのかも知れないですが、ともかく被リンクされた事になり、貼られたページのSEO的評価を一つ上げてしまう事になります。


Google先生より
「スパムにまで評価つけてやる事なくね?」として推奨されていたのがrel=”nofollow”属性。

例えばブログの設定で、コメント欄のリンクをrel=”nofollow”属性にすると、まあリンク自体は生きていますが、SEO的な価値は付与されない、という事になります。
逆に、自分からリンクに付けておくと、「このリンクはスパムじゃないですよー」という意思表示にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です